バッグ修理は専門家へ

バッグ本体で壊れやすい部分の1つは縁回りですが焼けたような色になったり外れてきたりなど、年季が入ったものほど角が傷んでいるものをよく目にします。使い込んだ後のくたびれた感じを最も感じさせるのは、縁回りに縫い合わされているパイピングテープのはがれです。さすがに職人技が生きるところですから素人が自力で直そうとしても、ロックミシンのような職業用ミシンでもってしても原状回復となりにくいパーツです。

パイピングというのは裁縫を趣味とされている人ならご存じでしょうが、別名バイヤステープという言い方もされる通り、糸目に布をかぶせて糸の摩擦やほつれを予防するものと、装飾パーツとの2つの意味合いで使われています。バッグや鞄でしたら傷みやすい縁や角を強化するという意味もあります。気にしなければ済んでしまう部分なのですが、糸がほつれないように補強しているのであれば、いずれ本体からはがれてきて隙間があいてしまう可能性も大きくなります。

傷み方によってはバッグを一度解体して再度パイピングテープをまき直ししなければならなくなるケースも出てきますが、大事なブランド品であればなおさら原状回復させて再度使い込みたいと思うところです。はがれてきたものの修復となると手間がかかる事もあって、費用が他の部位よりも若干高くなる場合もあるのですが、買い換える事を考えたらそれでも微々たる経費です。

その実かつて景気が良かった時代のようにすぐ買い換えるというのではなく、直して使う良さを実感しているユーザーから多く利用されていますし、全国に修理専門の職人がいて、長年の経験に培われた技術をあますところなくバッグの修理に注いでくれています。送料無料で宅配修理対応となっている店も多くなっています。今回はバッグ修理の中でもパイピング修理に関連したお話です。